中国でWiFiルーターの購入にお悩みなら?おすすめ機種はこの2つ!VPN機能付きSIMも同時購入

短期の旅行者や出張者の方々であれば、日本国内の空港でモバイルWiFiをレンタルしたり、Amazonや楽天で中国SIMを購入する方も多いでしょう。
いざ中国に住む場合になればこのWiFiルーターをそのまま利用したいが、どの機種を購入したらよいのか?
中国のECサイトのTMALL(天猫)や京東を見てもよくわかりませんし、単なるインターネットだけではなく、GoogleやLINE、Instagram等も使えるVPN機能も欲しいところです。

本記事では、中国で日本人が利用できる「モバイルWiFiルーター」と「VPN機能付きSIM」の購入について説明します。

1. モバイルWiFiルーター

中国で日本人が求めるモバイルWiFiルーターの仕様は以下のようなものでしょう。
①当然ですが最新の高速4G通信に対応
②GoogleやLINE、Instagram等も使えるVPN機能付きSIMが利用できる
③日本に一時帰国した際にもそのまま利用したい

これらの条件を満たすおすすめの機種は以下「HUAWEI」製の2機種。
いずれもシンプルなデザインで小型・軽量で持ち運びにも便利なのが特徴です。

■HUAWEI E5572s-855
機器表面真ん中のボタンが赤い枠になっているので見分けられます。

中国おすすめモバイルWiFiルーター HUAWEI e5572-855

新型の機種であり、ルーター機器の管理ができるアプリも充実しています。
もちろん4G高速通信に対応し最大速度150Mbps。
しかし、バッテリーの容量が1500mhであり、下記のE5577に比較すると小さいのは注意すべき点です。

TMALL(天猫)のメインページから機種番号(E5572)で検索

 

■HUAWEI E5577
HUAWEIの他のモバイルWiFiルーターとは異なり色が黒なのですぐにわかります。

中国おすすめモバイルWiFiルーターhuawei-e5577

バッテリーの容量が3,000mhであり、E5573s-856の2倍であるためおすすめです。
もちろん4G高速通信に対応し最大速度150Mbps。

TMALL(天猫)のメインページから機種番号(E5577)で検索

TMALL(天猫)の商品紹介ページにも記載されていますが「国外可用」「支持出国」の記載があれば、これは日本でも利用が可能という意味になります。

 

2. VPN機能付きSIM

TMALL(天猫)でモバイルWiFiルーターを購入しても、肝心のSIMも別途購入する必要があります。
TMALL(天猫)の店舗によっては、このモバイルWiFiルーターとSIMをセットで販売している場合も多いのですが、残念ながらGoogleやLINE、Instagram等も使えるVPN機能付きではありません。

短期間利用のSIMなら日本のAmazon等から購入が可能です。
JOYTELが提供する短期間SIMはこちら。

8日間 】中国・香港・マカオ・台湾4Gデータ通信使い放題SIM
https://www.amazon.co.jp/dp/B07WDHQ7L1

しかしながら、駐在員や長期滞在の方であれば、長期間利用できるSIMは無いものか?とお探しのところでしょう。

JOYTELなら「モバイルWiFiルーター」と「VPN機能付きSIM」をセットで販売しています(中国で人民元での支払いが可能です)。
6ヵ月分の「SIM」を購入すると上記でも説明した機種の「モバイルWiFiルーター」が無料プレゼントです。

VPNはもう要らない!中国在住の皆様に「どこでもWi-Fi」提供開始
https://www.joytel.jp/dokodemo-wifi-mobile/