中国・上海の夜はKTVよりクラブに行こう「FOUND158」おすすめクラブ3選!これが上海夜遊び新定番

中国・上海の夜に日本人が集う場所と言えばKTV。しかしながら2020年から2021年に入り日本人向けKTVは更にお店の数も少なくなり風前の灯火。
以前は上海における日本人の夜の街としてさかえていた古北路・仙霞路付近はほぼ跡形もありません。

では中国・上海の夜のお遊びは無くなってしまったのか?中国・上海の若い世代の人たちは夜はどこに遊びに行くのか?
その答えは「クラブ」。いわゆるDJがいて踊る方のクラブ。若い中国人向けの夜のお遊びも進化を続けているようです。

以前の記事にも掲載した上海で一番熱いナイトスポット「FOUND158」とその中にあるおすすめクラブを3つ紹介します。

◆上海で一番熱いナイトスポット「FOUND158」とは?

FOUND158とは、昔の上海では大同坊とも呼ばれていた場所にあり、バー、ライブハウス、レストラン、クラブが30店舗以上集まるナイトスポット。
正確な住所は巨鹿路158号。延安中路と石門一路の交差点の南東側に広がるエリアです。

地下鉄ならば上海地下鉄2号線・南京西路駅から石門一路を南に行き延安中路を超えたところにそのエリアはあります。
(上海の地下鉄の終電は早いですから、このFOUND158が盛り上がる時間に行くなら地下鉄は利用しないとは思いますが、、、)
全てのお店は地下にあるので道路からは全体がわかりにくいのですが、平日でも大勢の人で賑わっており、深夜でも大音量で流れる音楽のおかげですぐに場所がわかるでしょう。

上海で一番熱いナイトスポットFOUND158 上海で一番熱いナイトスポットFOUND158

FOUND158自体は大きな広場のようになっており、半地下から地上が大きく開けており、周囲にたくさんのバーやレストランが並んでいる構造です。

そしてこのFOUND158の特徴の一つは、とにかくこのFOUND158自体やそれぞれのお店が入りやすいこと。
ドレスコードをチェックする黒服もいません(この御時世ですから入口で健康コードをチェックする係員はいます)し、とにかく行き交う人が多いので、日本人の我々も気軽に出入りできます。
日本であればこういう場所に行くのは気が引けるという方でもお気軽に楽しむことができるでしょう。

◆おすすめクラブ「TAXX」2021年9月再オープン!イチオシです

おそらく上海でも一番大きなクラブ。
クラブ初心者ならまずはこのTAXXがおすすめ。呼び方は「The Angle of X」もしくはそれを略して「The X(ザ・エックス)」。「タックス」ではありません。
2021年1月におそらくコロナ対策の影響?で一時閉店し、上海のクラブシーンを悲嘆にくれさせてしまいましたが、この9月に復活。

FOUND158の敷地内の一番西側にあります。入口には控えめに「TAXX」の文字が。

FOUND158おすすめクラブNo.1TAXX

通常は入るだけならお金はかかりませんのでお気軽に、、席にも座らず一番前で踊って雰囲気を楽しむだけなら気兼ねなく出入りできます。

FOUND158おすすめクラブNo.1TAXX

席を確保してお酒を頼んでもおそらくは数百元。
高価なシャンパン等をオーダーするとバニーガール数人がお酒と共にV.I.P.と書かれたプラカードと共に運んできてくれるので、そこそこのお金がかかるようですが、、

VIPへバニーガールがシャンパンをお届けinTAXX

TAXX SHANGHAI
TAXX Shanghai 大衆点評紹介ページはこちら(スマホでアクセスしてください)
住所 巨鹿路158号大同坊B1
営業時間 21:00-6:00
休日 無し

◆おすすめクラブ「NINJA」

この2021年夏の時点ではFOUND158にあるクラブの中では一番人気のようです。
広場の真ん中の北側にあります。隣は日本料理屋なのでそれを目印にするとわかります。
店内がかなり狭いせいもあるようですが、開店直後から深夜を超えても入口に行列が絶えません。

エントランスフィーは通常は1人100RMB。

いつも同じであるのかわからないのですが店内の色が「赤」で統一されています。
ライトも赤、看板のロゴも赤、この色におかげで少しだけ退廃的な雰囲気があります。

FOUND158おすすめクラブNo.2NINJA

NINJA
NINJA 大衆点評紹介ページはこちら(スマホでアクセスしてください)
住所 巨鹿路158号大同坊B1
営業時間 水曜日-日曜日 22:30-5:00
休日 月曜日/火曜日

◆おすすめクラブ「蟲(Long)」

少し前はこの「蟲(Long)」がFOUND158の中では一番人気であったようです。
一番人気の頃は入口に並ぶ行列がとにかく長く、深夜3時を過ぎてもそれが途切れなかったのです。

エントランスフィーは通常は1人50RMB、飲み物1杯付です。

場所はFOUND158の敷地内の一番東側。FOUND158の東側にあるメインの入口から階段を下りていくと、通路に大きく「蟲」の文字がありますのでわかります。
何となくですがイケてる感じの客層が多いような気がします。

FOUND158おすすめクラブNo.3Long

蟲 Long
蟲 Long 大衆点評紹介ページはこちら(スマホでアクセスしてください)
住所 巨鹿路158号地下B1
営業時間 金曜日/土曜日 20:30-4:00 日曜日-木曜日 20:30-2:30
休日 無し

◆何時頃に行けばいいの?楽しみ方は?

あまり早い時間に行っても人も少ないので面白くありません。
夜23時より前ではまだまだ客もまばらです。週末であれば盛り上がるのは24時も近くなってから。

FOUND158やその付近にはレストランも多くありますので、まずは23時頃まで遅めの夕食。
その後クラブで1~2時間踊ってのどが乾いたら外に出て広場にあるバーでビールを飲み、また別の場所にハシゴするのもよいでしょう。

FOUND158のバーも吹き抜けの広場に面したオープンテラスになっているので、まったり酒を飲んだりおしゃべりするのにも最適です。
手軽にビールを飲むならEl Santo Tacos & Tequilaがおすすめ。
その名からわかるようにメキシコ?系の覆面レスラーのイラストが入口や壁に貼られているのですぐにわかります。

ElSantoTacos&Tequila ElSantoTacos&Tequila

El Santo Tacos&Tequila
El Santo Tacos&Tequila 大衆点評紹介ページはこちら(スマホでアクセスしてください)
住所 巨鹿路158号大同坊B1
営業時間 月曜日-金曜日 17:00-24:00 土曜日/日曜日 11:00-24:00(実際は午前3時頃までやっているようです)
休日 無し

上海の夏、いまだ気温も下がらぬ熱帯夜、クラブで踊ってオープンテラスのバーで冷たいビールを飲む。
これが上海の真夏の夜の楽しみと言えるでしょう。

もちろんハローウィーンや年越しイベントでも大盛り上がりとなるのは間違いありません。

ぜひとも一度は行ってみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。