【中国どこでもクラウド】なら!こんなことが可能になります

クラウドの利用においても中国における日系企業に特有の課題があります。
【中国どこでもクラウド】なら、これらの課題を解決するためのノウハウと実績があります。

【中国どこでもクラウド】中国の在宅勤務・リモートワークならクラウドサーバーが最適

【特徴1】オフィス全体で完全リモートワークを実現!発票発行も自宅で可能

中国のオフィスで完全リモートワークを実現するためには何が必要でしょうか?
「発票発行用専用プリンタ」そして「社印」。この2つだけは物理的にオフィスから取り出す必要があります。
逆に言えば、この2つ以外はファイルサーバーや社内システムのクラウド化によりリモートワークが可能となります。

クラウドを利用して発票を発行
社内システム・ファイルを全てクラウド上に
社内システムであれば、通常はWindowsのサーバー上で動作する場合がほとんどでしょう。
これらソフトウェアをクラウド上に構築したWindowsサーバーにインストールすることが可能です。

社内ネットワーク上にあるサーバーとクラウド上のサーバーには区別はありません。
これと発票発行のためのクライアントを接続し、発票を発行すればよいのです。

 

【特徴2】クラウドの使い方はパソコンのフォルダと同じ・だからクラウドを意識しない使い心地

クラウドにファイルサーバーや社内システムをおくと、使い勝手が悪くなってしまいそうな印象があるでしょうか?
クラウドとは言ってもWindowsパソコンと全く同じです。
クラウド上のファイルやシステムを利用する際も、それが自分のパソコンか社内ネットワークかクラウド上にあるのかはまったく意識せずに利用することが可能となります。
クラウドの使い勝手はWindwosパソコンと同じ
クラウド導入後もまったくクラウドであることを意識しないような使い勝手
一般的なWindowsOSやファイルは「C:ドライブ」にインストール、クラウドも適当なドライブ例えば「X:ドライブ」に割り当てることができます。
「C:ドライブ」もクラウドの「X:ドライブ」もパソコン上の区別は無く、ファイルへのアクセスやシステムの利用に関する使い勝手も同じになります。
クラウドであることを意識しないような使い勝手、それが「中国どこでもクラウド」の特徴です。

 

【特徴3】中国と日本でファイル共有が容易に可能

中国のクラウドのよくある導入目的として、中国と日本でファイルやシステムを共有する利用方法があります。
一般的には中国から海外へのインターネットの通信品質の問題から、中国・日本間におけるファイル・システム共有は困難な課題でした。

現在はAlibabaクラウド自身がこれを解決するソリューションを提供しています。
Alibabaクラウド CloudEnterpriseNetwork(CEN)が日中間ファイル共有を解決
中国側Alibabaクラウドと日本側AlibabaクラウドをAlibaba自身が提供する回線網により接続するサービスです。
当然ながら中国政府にも正式な許可を得て提供する国際回線であることから、中国・日本間の接続も非常に安定していることが特徴です。

  • 中国から日本の社内システムやグループウェアを利用したい
  • 中国・日本間で安定した品質でテレビ会議をしたい
  • 中国で作成した現場の帳票や財務報告書を日本からも共有したい

 

まずはお問い合わせフォームからご連絡をお願いします。 お客様のクラウド開設・ファイルアップロード作業支援の実施日について すぐに確認をしてお知らせします。